街金業者はしっかり選べば利用価値大!!選び方のコツとチェックポイントを教えるぜ

・街金という呼び名にいい印象はないだと!?
街金というと、暴力団関係者などが厳し取り立てをするイメージがあるかもしれない。しかしだ、実際にはそんなことはない。映画などで見かけるような暴力的な言葉を浴びせて取り立てるシーンを現実に見かける人は今はいないんじゃないか。それほど、危ない業者は現在では消えてなくなっている。

 

そもそも街金とは特定の地域でお金を貸す小規模の貸金業者のことだ。その事務所が市街地にあることが一般的なので街金と呼ばれるようになったんだよ。街金では銀行などと違って資金使途に制限がなく、即日融資を受けられるなどのメリットがある。ただ、金利が高かったり、返済時に事務所に現金を持参するなどのデメリットもあった。

 

2007年に貸金業法が改正されたんで、利息制限法が厳しくなって多くの街金は廃業してしまったんだよ。そして、残っている街金は比較的優良な会社ばかりになっている。多くが街金と名乗らずに、消費者金融として存在しているんだ。

 

ひとつ勘違いしないでほしいのは、完全に非合法の高利貸しである闇金とは違うという点だ。実は闇金はいまだに存在している。普通の手段でお金を借りることができない人々が利用するのが主だ。

 

優良な街金を利用すればまったく危ないことはない。断言する。むしろ、収入証明書が不要で今すぐにでも申し込め、しかも即日融資を受けられたり、審査が早い点などメリットも多いんだ。しっかりとポイントを押さえておけば、闇金に引っかかったりせずに安心してお金を借りることができることだろう。

 

以下に街金を選ぶコツを紹介するぜ。

 

街金の選び方3ポイント

きちんと登記された会社であることだ!

会社がきちんと登記されて存在していれば安心だ。そういった会社は消費者金融業者として日本貸金業協会などに登録してあるし、役所などから正式に運営許可証などを得ている。違法な利息設定もしていないし、万が一問題になっても柄の悪い人たちに囲まれて罵声を浴びせられたり暴力を振るわれるということも全く無い。>>ブラックでも借りられる街金はここ

 

きちんとした接客ができていること!

これは街金に限らず、対面で行う接客業であれば必須だよな。場合によっては資金繰りの焦りから下手に出て見落とす場合もあるが、サービス業である以上、電話やメール、対面での対応が乱暴だったりいい加減なところは選ぶべきではない。それは信用できないからだ。

 

きちんと法定利息を遵守していること!

日本では利息制限法があり、それ以上の利息で金融業者がお金を貸してはいけないことになっている。制限利率は元本が10万円未満で年20%、10万円以上100万円未満で18%、100万円以上で年15%となっている。これ以上の利率で返済させられていれば余分に払った過払い金が発生し、返還を求めることができる。そうなると街金としては損害なんだよ。だから、最初から利息制限法に従っている会社が優良なんだ。

 

 

街金の申し込み方から借りるまで、そして返済方法

・最近の街金は申請はネットから利用可能だ
街金で借り入れをする場合は大手の消費者金融とはやや勝手が違うので注意が必要だ。なので、ここでは街金への申し込みから審査の可否、振り込まれてから毎月の返済までの流れを説明していくぞ。

 

最近は街金への申し込みはホームページからというのがほとんどだ。これが一番無難で簡単。ホームページに記載してある電話番号に電話しても、ウェブ申し込みをするように言われることが多くなっているので、とにかくウェブサイトでの申し込みが手っ取り早い。

 

ただ、デメリットもあってだな、即日融資と謳っていても時間がかかることも多々あるし、審査に落ちても連絡をしてくれない業者もいる。概ね3日〜5日が経過しても連絡がなかったら、とりあえず電話で問い合わせてみな。あ大丈夫。問い合わせ先のオペレーターは優しいから安心しな。

 

申し込みについてはこんなところだ。無人機に出向いてカードを作る大手とはやや違うよな。

 

 

振り込み、そして返済について

大手の消費者金融だと無人機があるので、専用カードが発行される。街金でも無人機を持っているところがなくはないのだが、基本はそんな手間はない。なので、ウェブ申し込みが望ましい。

 

それだから街金の場合は融資が確定すると銀行口座に振り込まれる。無人機だと制限枠が設定され、その枠内で何度も借り入れることができるが、街金では例えば30万円の枠で審査が通っても、今回は10万円だけ融資しますといった対応がされる。増額や追加融資を望んでも、返済実績を何回か作らないと対応してもらえないなど、結構難しくなっているのが実態だ。

 

そして、借りたからには返済をしなければならない。返済は街金指定の口座へ振り込まなければならないようになっている。大手消費者金融のように無人機を使って対応することができないので、やや不便というところはあるな。小規模で展開している街金がほとんどだから、システムを作る費用がないのだろう。利用者が自分の銀行口座名義でネットバンキング口座を持っていればそんなに大変なことはないんだろうけれども。

 

このように、街金は簡単に融資が受けられる分、やや手間があるんだよ。

 

街金で借り入れをするのは危ない?

・街金で危ない業者は少なくなってきている!
街金は消費者金融業者の中でも特に地域に根付いた業務をしている業者を指す。街金は合法違法に関わらず、貸金業法の改正後に大幅に数を減らした。やはり、大手との競争に負けてしまったからなんだな。

 

現在残っている街金は基本的にはどこもちゃんとした経営をしており、行政側に登録も済んでいてなんら問題はないだろう。ただ、ただしだ、どこも基本的には利息制限法などで制限された最高利率ギリギリで貸しているので、場合によっては大手消費者金融や銀行系列業者よりも高金利になっている。

 

それ以外に大きな欠点はなく、特に危ないということはない。

 

しかし、気をつけたいのはヤミ金だ。街金とヤミ金は全然違う。街金と間違えてヤミ金で借りてしまった場合は危ないから注意しろ!というかヤミ金からは借りるな!このサイトで紹介している業者から借りるんだ!絶対にな!

 

街金とヤミ金の見分け方を知りたいヤツはここを見ろ!!

ネットなどで様々な情報を手に入れることができるようになった昨今は、まともな経営をしていないと生き残ることはできない。それは消費者金融の世界も同じだ。なので、最近はヤミ金もだいぶ減ったと言ったよな。

 

しかしだ、闇金が完全になくなったわけではない。中にはどんなにがんばっても審査を通過せず、通常の手段で借り入れができない人もいる。そんな人を狙ったヤミ金は今でも残っている。ただ、目立った活動は危険なので、暴力的な取り立てを行わない業者が増え、被害が目立たなくなっているだけなのかもしれない。

 

とにかく、ヤミ金はまだ残っているので引っかからないようにしなければいけないぞ。多くのヤミ金は違法な高金利で貸し付けをしているが、場合によっては巧妙に隠して様々な手口で騙してくるかもしれない。ですので、街金として正規の業者なのかヤミ金業者なのかを見分けることが大切だ。

 

その方法は「金融庁ホームページ」内にある「登録貸金業者情報検索入力ページ」で確認することだ。登録されたばかりだとサイト上に反映されていないこともあるので注意が必要だが、ここに名前がない場合は気をつけろ!確実に裏を取りたい場合は、各財務局の都道府県事務所に問い合わせるのもひとつの手だ。

 

街金とヤミ金の違いははっきりと知っておけ!

・これ重要! 間違ったら大変なことになる!
一般のヤツは街金とヤミ金を混同しているため、大きな誤解を持っている。だが、ちゃんとした知識があればヤミ金に騙されることはないし、安全に借り入れをすることができる。実際にお金を借りたいと思っている方は街金とヤミ金の違いをはっきりと理解しておいてくれ。これを間違うと人生が狂ってしまうこともあるから注意が必要だぞ。
>>闇金と街金の区別の仕方

 

まず、街金は最近は消費者金融と呼ばれています。アコムなどの大手の消費者金融と同じだが、街金は小規模で、どちらかというと拠点とする地元民に有利な審査をする業者だ。

 

そして街金であっても貸金業法に従って利息などを設定したり、年収の1/3までしか貸し付けをしないなどの法律が定められている。

 

それまでは利息制限法で利息の上限が今と同じように定められていたにも関わらず高利貸しが多かったのは、出資法の存在があったからだ。しかし、出資法の利息制限の上限が下げられたので、貸金業法も同時に改正され、今のように優良な業者ばかりになった経緯がある。

 

そんな中、ヤミ金は今でも制限以上の利率で貸し付けを行うという悪質な業者だ。ここで万が一でも引っかかってしまうと、人生をすべて棒に振ることにもなりかねないぞ。警察なども取り締まろうと思えばなんとかできるかもしれないが、現状はイタチごっこだ。消費者金融の比較的ゆるめの審査でさえも通らない人に需要があるからそういうことになっている。

 

今一度利息制限法などを把握しておけ!

ヤミ金と街金をはっきりと区分けするのは貸金業法や利息制限法、出資法をしっかり遵守しているかいないかだ。今一度それぞれの法律を把握しておけよな。

 

まず利息制限法は貸付金額によって金利の上限を制限する法律だ。貸し付ける金額により金利を元金10万円未満は20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%としていて、これ以上の利率では貸し付けはできないんだ。

 

しかし、以前は法的拘束力の弱かった利息制限法は無視され、利率の高かった出資法を採用した業者が多かったんだ。出資法というのはもうひとつ存在する貸金業者の上限金利などを定めた法律だ。こちらの上限は29.2%だった。

 

当時はほとんどの消費者金融が出資法の上限を守っていたんで、利息制限法との間に大きな開きがあった。しかし、2010年に出資法の金利上限が20%に引き下げられたんで、現在は貸金業法も改定され、悪質な金利で貸す業者はすべてヤミ金となった。

 

このように、借りる前に基本的な知識だけは勉強しておこう。そうすれば、間違ってヤミ金にお金を借りてしまうということはないだろう。

 

街金の意味を勘違いしている人が多い! 誤解するなよ!

・街金の意味をはっきりとさせておけ!
街金と聞いて、みなさんはどんなイメージを持っている? このサイトを見てくれているヤツなら既にある程度ちゃんと理解しているだろう。しかし、一般的には街金のことを大いに誤解している人が少なくない。街金に精通しているこのエリックが教えてやるからここではっきりと街金の意味を理解しておこうな。

 

まず、街金というのは消費者金融のことだ。この点には誰も誤解はないかと思う。消費者金融は地方自治体などに認可された業者が、個人向けなどのお金の貸し付けを行っているんだ。銀行などと違って審査も比較的簡単で借りやすい一面がある。

 

消費者金融と聞けば、みなさんはアコムなどのテレビコマーシャルなどで見たことのある業者を思い浮かべるかも知れない。あれも確かに消費者金融だが、街金とは違う。

 

街金は、昔は駅前などの街中にあったのでそういう風に呼ばれるようになった。俗にサラ金とも呼ばれるが、これはサラリーマン金融の略だよな。どちらもほぼ同じ意味だ。街金はアコムなどのように全国展開をしておらず、どちらかというと小規模にその街で業務をこなしている。今ではイメージ戦略から自らを街金と呼ぶ業者は減ったが、地方色などの強い消費者金融は実際には街金だ。ネットの発達で小規模ながら全国の人に貸し付けを行う業者もあるが、概ねは地元の人のための金融だ。だから審査も地元民にゆるい傾向にある。

 

一般の人は街金をヤミ金と間違えているのでは?

一般のヤツは街金を悪い業者の総称のように思っていることだろう。それはなぜなのか。

 

日本の貸金業者の法律は改正されて、利息制限法などで利子が最大でも20%までと決められている。それ以上で貸し付けを行うと、借り主から裁判を起こされて返還しなければならなくなる。実際、法改正の直後に返還額が大きくなりすぎて倒産した街金も多く、今では優良な業者しか残っていないと言える。

 

一般の人が街金を悪く思うのはそのころの印象もあるだろうな。高利貸しをして、厳しい取り立てを行う。これは映画の世界だけの話です……とは実際には言いきれん。
というのは、銀行はもちろんのこと、消費者金融までもが貸せないと判断を下される人というのはいるものだからだ。そういったヤツにも生活があり、行き着く先は法外な利息で貸す、ヤミ金になるわけだ。

 

一般の方は街金とヤミ金を混同しているので誤解を招いているわけだ。

 

現実にヤミ金はある。しかし、しっかりと選び方を把握していればちゃんとした街金に出会うことができ、トラブルなく借り入れをすることが可能なんだ。しっかりとした知識を仕入れてから、お金を借りるようにしような。!!

街金に精通しているエリックが選ぶ優良街金ランキングはこれだ!!

キャッシングエニー

即日借りれるか3秒で即診断できる!!

申し込みから返済まで24時間受付。来店不要!!

実質年率は8.0%〜18.0%

即日融資 融資日数
当日可能 1〜2日程度
目安の借入金額 融資対象エリア
20〜30万 全国対応

詳細ページはこちら

公式ページはこちら


ライフティ

即日借りれるか3秒で即診断できる!!

申し込みから返済まで24時間受付。来店不要!!

実質年率は8.0%〜18.0%

即日融資 融資日数
当日可能 1〜3日程度
目安の借入金額 融資対象エリア
10〜20万 全国対応

詳細ページはこちら

公式ページはこちら


アロー

即日借りれるか3秒で即診断できる!!

申し込みから返済まで24時間受付。来店不要!!

実質年率は8.0%〜18.0%

即日融資 融資日数
当日可能 1〜2日程度
目安の借入金額 融資対象エリア
20〜30万 全国対応

詳細ページはこちら

公式ページはこちら


>> 人気ランキングをすべて見る